家庭でシミ抜きをするポイント

当社で販売している泥汚れに強い洗剤は、ユニフォームなどについたしつこい泥汚れを落とすことができます。しかし全ての汚れを綺麗に落とすには、正しい手順が必要です。また、つけ置きともみ洗いだけでは、十分とは言えません。野球ユニフォームの汚れ落としなどはすぐにはできませんが、食事の際についた汚れは、すぐにシミ抜きをしておけば簡単に洗濯で汚れを落とす事ができます。家庭でも基本的なシミ抜きは行えます。しかし間違ったシミ抜き方法では、余計にシミが広がってしまう事や色落ちが起こってしまう事もあります。正しくシミ抜きをする時のポイントをご紹介します。

泥汚れに強い洗剤

・慌てず衣類の繊維をチェックする

汚れがついてすぐにシミ抜きをするのは大切な事ですが、慌ててシミ抜きをしては失敗してしまう可能性もあります。シミ抜きを実施する前に、まずは洗濯絵表示を確認しましょう。繊維によって洗濯方法は変わります。同様に繊維によってシミ抜きの方法も、変わるということです。水洗いのできない素材、色落ちのしやすい素材、繊維が傷みやすい素材などがあります。


・色落ちしないか確認する

色物のシミ抜きをする時は、色落ちをしないかを事前にチェックしておきましょう。綿棒などに洗剤をつけ、生地の縫い目の裏など目立たない部分に塗ります。ドライヤーで熱を与え色の変化を見ます。色が白くならなければ、色物に使っても問題ありません。塩素系や還元漂白剤は、色物衣類に使うと色が抜けてしまうので気を付けましょう。


・擦らない

汚れを落とそうと、シミのついている部分をゴシゴシと擦ってはいけません。擦ると繊維が擦れて毛羽立ってしまったり、繊維が伸びてしまい傷んでしまいます。シミの落とし方の基本は、擦らずに優しく叩く事です。裏にタオルを敷いて、シミをほぐすように優しく叩きましょう。

家庭で洗濯ができない衣類の場合は、無理をせず専門のクリーニング店に依頼をしましょう。家庭で無理にシミ抜きをすると、失敗してしまう可能性も高くなります。 野球ユニフォームの汚れ落としは家庭でもできるので、当社の泥汚れに強い洗剤のレギュラーをご使用下さい。

Information