洗濯の失敗例

人は毎日着るものを身に付けて生活しているので、どの家庭でも1日1回は洗濯をしていると思います。洋服の素材や汚れ方によっては洗濯の仕方が異なるので、時には洗濯に失敗してしまう事もあります。そこで、家庭で起きやすい洗濯の失敗例をいくつか紹介していきます。

洗濯の失敗例

・色落ち・色移り

赤いズボンと一緒に白系の衣類を洗ってしまい、洗濯物全部に色移りしてピンクになった経験がある方もいらっしゃると思います。また、黒の洋服が色落ちして暗いグレーになってしまったりなど、洋服の色落ちや色移りは、洗濯の失敗でよくある事です。たったひとつの洗濯物が他の洗濯物へ被害を与えてしまうので、色物を洗う時は細心の注意が必要です。洋服のタグに付いている洗濯表示マークをよく確認して、色落ちしやすいと書かれている物は、他の洋服と分けて洗うようにしましょう。


・形が変わった

Tシャツの首元や裾が洗濯して伸びてしまった、ニットを洗ったら縮んだ、という風に洗濯後に洋服の形が変わってしまう事があります。Tシャツが伸びるのを防ぐためには、おしゃれ着洗い用の洗濯洗剤を使用やTシャツの形を整えて平干しするなどの方法があります。ニットの縮み防止対策は、ぬるま湯で手洗いする事です。洗濯機で洗ってしまうと、1回洗濯しただけで着られなくなるぐらい縮むことがあるので、手間はかかりますが手洗いで洗うようにしましょう。


・汚れが落ちない

子供の野球ユニフォームに付いた泥汚れや体操服の汗ジミ、靴下の黒ずみは、なかなか綺麗に落ちません。特にユニフォームや体操服に付いた泥汚れの落とし方に、苦戦している主婦の方が多いと思います。泥汚れを落とす方法としてよく実施されているのは、洗剤に付けた後にお湯につけ置きしておく、固形石鹸で手洗いするといった方法です。それでも新品のような白さを取り戻すのは難しい場合もあります。

当社では、泥汚れ専用の洗濯洗剤を販売しています。洋服に付いた泥汚れを落とすのに毎日苦労している方は、当社の洗剤を一度試してみてください。泥汚れを落とすために開発された洗剤なので、家族が野球やサッカーなどの野外で行うスポーツをしている方におすすめです。

Information