汚れの種類と洗剤の選び方について

衣類長く着用すると、衣類の持つ本来の色彩とは異なった色になる場合がございますが、これは基本的には汚れから来るものです。シミや泥、土汚れに泥はね、血液の付着による汚れなどは、頑固で普通に洗濯する落とし方ではそう簡単にキレイにすることは容易ではありません。使用する洗剤の種類によっても汚れやシミの落ち方は異なってきますし、しっかりとした汚れを落とす方法の予備知識を備えておけば、キレイで気持ち良く衣類を保つことができます。自分自身だけではなく、周りの人に与える印象も変わってきますし、メリット要素となることと思います。


野球のユニフォームは落としにくい土汚れですが、そんな汚れでも適切な洗剤の選び方や使い方、汚れの性質について知識があれば、驚きの洗濯効果を得ることが期待できます。また、これから汚れの種類と洗剤の選び方を心得ておくことで、何かとお役に立ちますので参考にしてみて下さい。

汚れの種類と洗剤の選び方について

・珈琲や醤油などの水性

水に溶ける性質で、水洗いすればすぐに落とすことができますが、シミとなって色素が残る場合もございます。普段使っている洗濯洗剤や固形石けんを汚れの部分につけて、その裏側に白いタオルを敷きます。汚れやシミを白いタオルに移す感覚で、汚れの部分をピンポイントでたたきます。


・食用油や口紅などの油性

これも水性と方法は少し似ていますが、台所用洗剤の原液が効果的です。汚れをタオルに当てて、その裏から洗剤の原液をつけた歯ブラシなどで、たたいてあげると良いでしょう。


・泥や墨などの不溶性

汚れの粒子が小さい為に水にも溶けない汚れとなっています。粒子が小さいということはそれに対応した研磨剤入りの洗顔料などが効果的です。汚れの部分を濡らし、洗顔料を馴染ませ、洗濯機、もしくは手洗いをおこないます。研磨剤が泥などの頑固な汚れを削り取る役割を担ってくれます。

この他にもさまざまなシミや汚れを落とす方法がございますが、その一部をご紹介しました。当社では頑固な汚れなどにも、ご利用になってもらいたい泥汚れ専用洗剤を販売しております。開発のきっかけから、洗剤の5つの特徴、モニターアンケート、コストパフォーマンスなどについてご紹介しております。上手にシミや汚れを落とす方法と洗剤を併用することでキレイを体験してみませんか。

Information