泥汚れ用洗濯洗剤での洗濯について

泥汚れ用洗濯洗剤で洗濯する際のポイント・注意点①

①白色や、薄い色のユニフォームであれば問題ないのですが、濃い色のユニフォームを洗濯する際は、色落ちする可能性がないとも言えない為、あらかじめ、ユニフォームの目立たない部分でテストしてから使った方が良いと思います。
それに、白いユニフォームと色物の他の洗濯物と一緒に洗濯する場合、ユニフォームに色移りする可能性もあるので、濃い色物の洗濯物は別に洗う方がよいでしょう。
他の衣類の洗濯表示を確認してから洗濯してください。

②泥汚れ専用洗剤を使用するときは、浸け置きしておけば、事前のゴシゴシ洗いはほとんど必要ありません。洗剤の中に入っている成分で泥を分解してくれるためです。
しかし、浸け置きする時間がない場合で、ゴシゴシこする必要がある場合は、是非、ゴム手袋を使ってください。
泥汚れ専用洗剤は、洗浄力が高いため、素手のまま手洗いしてしまうと、手が荒れてしまう場合があります。

③浸け置きする場合、お風呂の残り湯はなるべく使用しないようにしましょう。
皮脂汚れや雑菌などが混ざっているため、洗剤の洗浄力を落としてしまいます。

④浸け置きした洗剤液が、泥汚れで真っ黒になってしまっている場合、一度ユニフォームを取り出して汚れの落ち具合を確認してください。
ユニフォームにまだ汚れが残っている場合は、もう一度新しい洗剤液を作り直し、二度目の浸け置きをした方がよいでしょう。

⑤ほとんどの泥汚れ専用洗剤は、浸け置きのとき、浸け置き時間が長ければ長いほど汚れは落ちやすくなります。汚れがひどい場合は、洗剤を少し多めに入れてください。

⑥浸け置きするお湯の温度を45℃以上にしないようにしましょう。
洗剤によっては、洗剤の性能が発揮できないものもありますし、生地の繊維を傷めやすいです。
水で浸け置きしても問題ないのですが、洗浄効果を発揮するまでに時間がかかってしまったり、水温が低いと洗剤が溶け残ることもあります。
お湯でよく溶かしてから浸け置きした方が泥汚れがよく落ちます。

⑦毛や皮、シルクなどのデリケートな素材のものは一緒に洗わないようにしましょう。
洗浄力が強いため、生地が傷んだり、縮んだりします。

パターン

泥汚れの落とし方をいくつか紹介してきましたが、汚れが軽いのに全てを行う必要はないと思います。もちろん、全身が真っ黒にドロドロになっていたり、汚れてから時間が経ってしまっている場合はしっかりと洗濯をしないといけないでしょう。
汚れの状況によって洗濯方法を変えればいいと思います。

しつこ過ぎる泥染みが出来ている汚れの場合
①乾かして泥を叩き落とす+洗濯用石鹸とお湯とブラシでさらにかき出す+泥汚れ専用洗剤で浸け置き&揉み洗い+泥汚れ専用洗剤で洗濯機で洗う

しつこい汚れの場合
②乾かして泥を叩き落とす+洗濯用石鹸とお湯とブラシでさらにかき出すor泥汚れ専用洗剤で浸け置き&揉み洗い+泥汚れ専用洗剤で洗濯機で洗う

軽い汚れの場合
③乾かして泥を叩き落とす+泥汚れ専用洗剤を汚れに直接かける+泥汚れ専用洗剤で洗濯機で洗う

いずれにせよ、乾かして泥を叩き落とすことはかなり重要なことといえます。
前処理で泥をしっかり落とすことで、浸け置きの時に洗剤の量を増やすことなく洗うことができます。

その他

野球をすると、ユニフォームの他にも、靴下、ストッキングなどに泥が付きます。
それらを洗濯する時も、今まで述べてきた泥汚れの落とし方で洗濯すれば、汚れは綺麗に落ちます。

・ユニフォーム
ユニフォームは、全体的に汚れが付くと思いますが、スライディングをしたりすると、特にズボンの膝周りや、すね、太もも周りに激しく泥が付くと思います。
この部分は、野球をしているときに、特に摩擦が起こる部分でもあり、毎回汚れやすい部分でもあるため、こすり洗いは丁寧にしましょう。
ブラシを前後にゴシゴシ生地にこすりつけるのではなく、一定方向に払い落す感じで行いましょう。

・靴下
靴下は特に、足先とかかと部分が汚れやすいです。この部分を重点的に洗ってください。靴下は、ユニフォームよりも生地が薄いので、力強くこすってしまうと、穴があいてしまいます。こちらも丁寧に洗いましょう。

・ストッキング
ストッキングはスライディングをしたときにこすれる部分のくるぶしやアキレス腱を保護する役割があります。スライディングをするので、もちろんこちらもユニフォーム同様泥だらけになります。靴下よりもしっかりした生地で作られていますが、野球をしているときに摩擦が多い部分のため、生地を傷めないよう、こすり過ぎには注意しましょう。

泥について

泥も、黒土と赤土があり、黒土は有機物を含んでおり柔らかく、赤土は乾燥しきった土というように、土の性質が違います。
それによって向いている洗濯方法も若干変わってくるため、グラウンドの土の色を聞いておくとよいでしょう。
黒土は粘土があるため、浸け置き洗濯を重点に置いて洗濯し、赤土は表面の泥をかき出すことを重点に置いて洗濯すると汚れが綺麗に落ちます。

裏ワザ

ブラシでこすったり、洗濯用石鹸を購入する代わりに、簡単にできる泥汚れの落とし方を紹介します。

・シャワー
泥汚れを乾かして大まかに泥を叩き落としたら、こすり洗いの代わりにシャワーをあててみてください。
この時、必ずユニフォームを裏返してください。そして、水圧を一番高くして、泥汚れの部分の裏側からシャワーをあてることで、繊維と繊維の間に挟まっている泥汚れを押し出すことができるのです。

・スティックのり
泥汚れを乾かして大まかに泥を叩き落としたら、泥汚れの部分に文房具の糊を軽く塗り、5分程置きます。そのまま洗濯機へ投入するだけで泥汚れが落ちます。
泥が糊に吸着され、繊維から離れやすくなるためです。糊は水溶性のため、他の洗濯物と一緒に洗っても糊が移ってベタベタすることはありません。
ただしこちらは、軽い泥汚れ向きで、泥汚れがシミになっているガンコ汚れには向いていませんので、しっかり落としたい場合は、きちんと洗剤や石鹸を使いましょう。

・スクラブ入り洗顔料
泥汚れを乾かして大まかに泥を叩き落としたら、泥汚れの部分にスクラブ入りの洗顔料をつけ、揉み洗いすると、スクラブが繊維の奥に入り込んでいる泥をかき出すため、綺麗に落ちるそうです。

・ベビーパウダー
ベビーパウダーを、事前にユニフォームの汚れやすい部分の、肘、膝、すねや、靴下のつま先、かかとなどにふりかけておきます。
すると、繊維に汚れや汗が染み込む前に吸い取ってくれるのです。
ベビーパウダーで吸い取ってくれれば、何も処理していないユニフォームに比べると、汚れが軽減されるので、洗濯が少し楽になるかもしれません。
値段が安いのも素敵ですね。

まとめ

泥汚れは、落としきれないまま放っておくと、黄ばんで変色し、シミのように残ってしまいます。
これは、色が付いた部分の繊維が壊れてしまい、汚れ自体も酸化してしまうために起こってしまうのです。
このことを、「退色」といいます。この退色を防ぐため、泥汚れが付いた時点で、綺麗に取り除くことが重要になります。
退色してしまうと、自宅で元通りの色にすることはできず、クリーニング店で色を染めてもらわないといけなくなってしまいます。
「これくらいの汚れ残りならいいか…」と諦めず、汚れが付いたら、その都度しっかり洗うことが大切です。

ユニフォームの泥汚れを綺麗に洗濯するために重要なことをまとめると、

・泥汚れは、水にも洗剤にも溶けない、「不溶性」の汚れ。
・泥汚れを、最初の段階で絶対水に浸けない。
・洗濯機に入れる前に泥汚れの部分を乾かし、ブラシなどで大まかに泥を払い落す。
・ある程度泥が落ちたら、お湯で洗濯用石鹸を泡立ててブラシで丁寧にこすり、泥をさらにかき出す。または、泥汚れ専用洗剤とお湯で浸け置きし、取り出すときに軽く揉む。

汚れの度合いにもよりますが、これらの手順で洗濯をしていけば、スッキリ綺麗に泥汚れを落とすことができます。

ひどい泥汚れが目の前に現れた時は憂鬱になりがちですが、泥汚れの効果的な洗濯方法を知っていれば、時間短縮にも繋がりますし、真っ黒だったユニフォームが真っ白になると、楽しくさえ思います。
家族の人にも真っ白なユニフォームで気持ちよく野球をしてもらいたいですし、洗濯をする方も、ストレスなく洗濯をしていだたけたらいいなと思います。

Information